ビジネスホンの電話交換機・主装置とは?【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • ビジネスフォン0円キャンペーン
  • ビジネスフォン購入でコピー機が超特価
  • 新品ビジネスフォンがリースでお得
「電話交換機・PBX・ビジネスホン主装置とは」記事一覧

ビジネスホンの電話交換機・主装置とは?

ビジネスホンの電話交換機・主装置とは?

ビジネスフォンのカタログなどを見ていると、「電話交換機」や「PBX」という単語を良く見ますよね。

何のことか、ご存知ですか?

言葉を見れば何となくイメージは出来そうな気にもなりますが、どんな役割があるかということまでは中々知られていない機器ではあります。

それでは、ビジネスホンの電話交換機とはそもそも何なのかご説明させていただきます。

▼目次

ビジネスフォンの”おおもと”「交換機」とは

電話の「交換機」というと、一般的にはNTTの電話局にある大きな交換機を想像してしまいがちですが、オフィスで使う交換機は、少し異なります。

その違いは、オフィスにおける交換機はNTTに設置するものではなく、会社のオフィスに設置して内線電話と外線電話同士を交換する役割を担っています。

この交換機は、「PBX(構内交換機)」とも呼ばれており、現在のPBXは音声信号をデジタル処理するデジタルPBXが主流となっております。

そのデジタルPBXを使用すると、交換機を通して外線から直接、特定の電話を呼び出すことのできるダイヤルインが可能となります。

また、他にも短縮ダイヤルや不在転送、指定時間呼び出し、コールバックなどの多彩な機能を利用することも容易にできるのです。

さらにその他にも、信号がデジタル処理をされているため、電話機以外にファクシミリ(FAX)やコンピューターなどを接続して、企業内の情報ネットワーク(LAN/VAN)の構成も可能となります。

このように、交換機がビジネンフォンの「おおもと」になり、とても重要な役割を果たしている機器だという事がご理解して頂けるかと思います。

PBXの機能と種類

基本的にPBX機能を使うことで、充実した電話機能が使えるようになります。

PBXの機能は、主に外線からの発信・着信の制御をしたり、内線同士の通話機能が基本になります。

また、PBXは次のように種類がありますので、特徴を見ておきましょう。

unPBX

大企業など使用の規模が大きい場合に使われるPBXです。

あらかじめプログラムしてある、一定の基準に応じて、構内電話機への着信選択制御(ACD)をおこなって、公衆回線(外線)を介した問い合わせにも効率的に対応します。

コンピューターに構内交換機を付加させたもので、ソフトウェアを組みかえることで柔軟な制御が行われ、より効率的な対応が行えるのが特徴です。

主に、家電メーカーのサポート窓口などのコールセンターで使用されています。

ビジネスフォン

使用の規模が小規模である場合に使用されるPBXです。

着信選択制御機能は持たないで、一本あるいは少数の公衆回線との接続と内線交換のみが行えます。

ほとんどの企業で使用しているPBXはこのビジネスホンに当たります。

ビジネスフォン各メーカー取り扱い

電話交換機の耐用年数

まず、耐用年数とは、辞書によると

『機器などが使用に耐える年数。「バッテリーの耐用年数を最大限に延ばす使い方」』

となっており、単純に言えば何年使えるかということになります。

そこで、一般的に使っている電話交換機(ビジネスフォン)も物ですから、大切に扱っていてもやはり壊れる時が来てしまいます。

ここでは寿命の目安となる法定耐用年数と実際のビジネスホンの寿命について解説します。

法定耐用年数は、機械や設備といった減価償却資産の法定上の使用可能な見積期間のことをいいます。

個々の機械はその耐用年数を正確に見積もることが困難であるため、税法では各種の減価償却資産を分類して耐用年数が定めており、その耐用年数に従って減価償却(=その物の価値を年数とともに減少させていくこと)をしなければいけません。

対象となるのは“新品”に限ります

また、法定耐用年数は新品の資産を対象にしているので、中古資産に関しては取得後の使用可能期間を見積り、その見積もり耐用年数により償却限度額を計算することがあります。

もし見積もりが困難な場合は、簡便法で見積耐用年数を算出することも出来ます。

簡便法では次の様な基準となっています。

法定耐用年数の全部を経過した資産の場合

法定耐用年数の20%。

法定耐用年数の一部を経過した資産の場合

法定耐用年数から経過年数を引いた数字に経過年数の20%を足した数字。

では結局、肝心のビジネスホンの法定耐用年数はどのくらいなのでしょうか?

ビジネスホンの法定耐用年数は6年と明確に定められています。

ちなみに、ビジネスホンのリース契約の場合、契約期間の上限が7年となっている場合が多いのですが、これは動産保険の対象期間でもあるため、月額が安くなることと、リース契約では法定耐用年数の最大1.5倍まで契約を結ぶことが許されているためです。

まとめ

電話交換機はPBXと呼ばれていて、ビジネスホンにはなくてはならない機器であり、そのビジネスホン自体がPBXだということも意外でしたよね。

また、その耐用年数は6年であることは理解しておきましょう。

次によく聞く言葉に「主装置」というものがありますが、こちらは「電話交換機・主装置とは?~その2~」でご紹介いたします。

また、主装置の種類や選び方については、「主装置の種類と選び方」をご参照ください。
ビジネスフォン各メーカー取り扱い