IP PBXとは?【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • ビジネスフォン0円キャンペーン
  • ビジネスフォン購入でコピー機が超特価
  • 新品ビジネスフォンがリースでお得
「電話交換機・PBX・ビジネスホン主装置とは」記事一覧

IP PBXとは?

IP PBXとは?

PBXにIPがつくと何が変わるのでしょうか?

「IP PBX」とは、Intenet Protocol Private Branch eXchangeの略称で、IP電話機で内線通話や外線通話との中継を実現する機器のことを指しています。

それでは、「IP PBX」とはどのような機器なのか詳しくご説明させていただきます。

▼目次

IP PBXとは?

「IP PBX」とは、TCP/IPネットワーク上で音声通話システム(VoIP)を利用する際、IP電話機の回線交換を行う装置やソフトウェアのことで、内線電話におけるPBX(構内交換機)の役割を果たすネットワーク機器になります。

企業構内のネットワーク上にIP電話機を接続し、内線電話網とLANを統合することで配線コストや設定工事費を下げることができます。

また、音声をデジタルデータとして扱えるために通話内容を保存するといったデータ連係も柔軟に対応できるのが「IP-PBX」の強みです。

そのため、従来の電話専用の配線ではなく、PCと同じLAN配線で接続します。

地理的な制約が少ないことも特徴の一つで、支店・支社など遠隔地に拠点がある場合、一般的なPBXは拠点ごとに設置する必要がありますが、「IP-PBX」はネットワーク上の一ヵ所に設置して全体を集中的に管理することができるのです。

IP PBXは「ハードウェアタイプ」と「ソフトウェアタイプ」の2種類

次に、IP PBXには、「ハードウェア」で提供されるものと、「ソフトウェア」で提供されるものに分かれています。

それぞれの特徴を確認しておきましょう。

IP PBX「ハードウェアタイプ」とは

従来からあるタイプになり、電話交換の機能に加えてスイッチやルータ機能なども提供しています。

多くの種類が製品化されており、企業規模や企業ニーズに即した製品を選択できます。

構内に設置するため、セキュリティや安定稼働を期待できるなどのメリットがあります。

比較的小さいハードウェアタイプは「ビジネスフォン」として製品化されているものもあり、小規模~中規模のオフィスをターゲットとしており、比較的低価格で提供されています。

IP PBS「ソフトウェアタイプ」とは

ソフトウェアだけをパッケージ化した製品であり、企業の既存サーバにインストールして使うことができます。

ソフトウェアだけなので、低価格でシステム化できることが可能となります。

このソフトウェアをあらかじめ、サーバにインストールして提供している事業者もあります。

企業側でサーバを用意したり、インストール作業をする必要がないため、構築の期間短縮ができます。

ビジネスフォン各メーカー取り扱い

IP PBXの価格比較

最後に、弊社で製品をご用意しているIP PBXの価格をご紹介いたします。

あくまで、メーカー販売価格になりますので参考にご覧ください。

NEC

製品名 価格(税別)

UNIVERGE SV9300 50万円~

UNIVERGE SV9500(テレフォニーモデル) 500万円~

日立

製品名 価格(税別)

NETTOWER CX-01(タイプS)145万円~ (タイプL)200万円~

IP-TOWER-SP 500万円~

NETTOWER CX9000IP 570万円~

それぞれの製品の特徴などは、「電話交換機・PBX 製品案内」でご覧になれます。

まとめ

システムなどは少し難しいので、「IP PBX」とは何なのかだけでも覚えてくださいね。

簡単にまとめると、企業内で利用されてきたビジネスフォンで内線や外線通話を実現する回線交換機(PBX)のIP電話機版ですね。

ちなみにIP電話とは、インターネット網を使用した電話サービスです。

ビジネスフォン各メーカー取り扱い