クラウド PBXとは?【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • ビジネスフォン0円キャンペーン
  • ビジネスフォン購入でコピー機が超特価
  • 新品ビジネスフォンがリースでお得
「電話交換機・PBX・ビジネスホン主装置とは」記事一覧

クラウド PBXとは?

クラウド PBXとは?

PBXには、「通常のPBX」と「IP-PBX」と、さらにもう一つ「クラウドPBX」というものがあります。

「何が違うの?」と、感じる方がいても当然なのです。

そもそも「PBX」とは、企業内の内部に置かれた構内電話交換機のこと。

それに、「クラウド=雲」という言葉が入っているのは、一般的にはネットワーク図を表現するときに雲を使っているからという説が有力だそうです。

それでは、その「クラウド PBX」とはどのようなものなのかご説明させていただきます。

▼目次

クラウド型PBXとは?

冒頭であった、「クラウド=雲」のPBXとは何なのか?

それは、従来のビジネスフォンは社内に主装置(PBX)を設置し、電話線を張り巡らせる中で内線を構築していました。

その主装置(PBX)をクラウド上に構築することで、電話線工事や主装置(PBX)の購入不要で場所を選ばずに内線を構築できるという新しい電話サービスなのです。

簡単に表現すると、データを自分のパソコンや携帯端末などではなく、インターネット上に保存する使い方になります。

その特徴は、提供している会社によって異なることがありますが、どのクラウドPBXを利用してもビジネンホンの「代表組み」「内線電話」「取次・転送」を行うことが出来ます。

また、各個人で使っているスマートフォンを内線化することが可能となります。

結果、スマートフォンから電話しても会社の番号になり、着信した電話を外出先で受けることもできるのです。

クラウドPBX 5つの導入メリット

そこで、クラウドPBXを導入すると、どんなメリットがあるのか?

先程のスマートフォンの内線化を含めた5つのメリットが考えられますのでご紹介しておきましょう。

その➀ 初期費用の削減

通常の固定電話は、NTTの電話回線を加入権が必要になり36,000円の出費。

その他にオプション費用や電話端末費用なども含めると、固定電話1台設置するだけでも5万円前後かかってしまいます。

一方、クラウドPBXを導入する際には、電話回線をつなぐ工事が不要となり、サーバー上の初期設定費用のみが必要になります。

また、サービスを借りるだけなので、PBXの購入費用を削減でき、サービス契約後は短時間でPBXを利用することができます。

その➁ 運用コストの削減

構内にハードウェアを設置する必要がないため省スペースで、電力コストも削減できます

その➂ オフィスの拡大にも柔軟に対応できる

オフィスの規模が拡大しても、クラウドのため柔軟に対応できます。
企業の成長にあわせて拡張していくことが可能となります。

その➃ 必要な機能を自由に選択できる

ハードウェアやソフトを購入するわけではないので、機能の選択が自由です。

必要なPBX機能のみを利用し、その機能に応じた月額料金を支払うことになります。

その➄ スマートフォンの内線化

前項でも説明した通り、スマートフォンやタブレット端末を内線化して、通信コストを抑えることができます。

ビジネスフォン各メーカー取り扱い

クラウドPBX 料金比較

クラウドPBXは初期費用や工事不要の変わりに、月額料金が発生します。

料金相場は2,000円~、内線端末が多いと1台あたり1,000円~3,000円程の基本料金が追加される事が多いようです。

そこで、どのような会社が提供しているのかご紹介と合わせて料金なども比較していきましょう。

BIZTEL

初期費用:5万円~30万円

月額費用:21,000円~81,000円

通話料金/固定電話:8円/3分

使用可能電話番号:03・06・050・0120

使用可能端末:IP電話機

MOT/Phone <株式会社オフィス24>

初期費用:0円~

月額費用:リース料金により異なる

通話料金/固定電話:利用回線により異なる

使用可能電話番号:03・06・011・022・045・052・078・092・098・050・0800・0120

使用可能端末:スマホ、PC、IP電話

機能・特徴:配線工事が不要、既存のFAXや複合機(コピー機)へ接続可能、海外でも使用できる

Arcstar Smart PBX

初期費用:1万円

月額費用:基本契約料5,000円・ID契約料 2,500円500円/1台)

通話料金/固定電話:8円/3分・携帯電話:157.3円/1分

使用可能電話番号:050

使用可能端末:スマホ、PC、IP電話

機能・特徴:web電話帳、FAX機能

naisen <アイティオール>

初期費用:10,000円

月額費用:10,000円

通話料金/固定電話:8円/3分・携帯電話:15.9円/1分

使用可能電話番号:03・06・050・0120・0800・0120

使用可能端末:スマホ、PC、IP電話

機能・特徴:対象・時間別アナウンス、留守番電話をメール、webで通話履歴を確認、naisen間通話料無料

アジルクラウドPBX <アジルネットワークス株式会社>

初期費用:9,000円1,800円/1台)

月額費用:9,000円1,800円/1台)

通話料金/固定電話:8円/3分・携帯電話:15.6~20円/1分

使用可能電話番号:03・06・011・022・045・052・078・092・098・050・0800・0120

使用可能端末:スマホ、PC、IP電話

機能・特徴:全通話録音、電話会議、電話代の支払いがデポジット制(先払い)

まとめ

クラウドPBXとは、一般的なPBXの様な交換機が必要なく、初期費用を削減する最先端のサービスになります。

ここでは、メリット面を主に触れてきましたが、

かけられない電話番号がある(0120や緊急通報)などのデメリットも同じようにありますので、

「初期費用を抑えた最新技術【クラウドPBX】参照)

導入をお考えの際はOFFICE110へお気軽にご相談ください
ビジネスフォン各メーカー取り扱い