電話加入権の購入費用を抑えたい方へ【お役立ち情報】 | OFFICE110

  • ビジネスフォン0円キャンペーン
  • ビジネスフォン購入でコピー機が超特価
  • 新品ビジネスフォンがリースでお得
「電話 「加入権」「開設」「新設」「増設」のチェックポイント」記事一覧

電話加入権の購入費用を抑えたい方へ

電話加入権の購入費用を抑えたい方へ

昔から、「電話の加入権=高い」というイメージは根強いものです。

最近では、特に若い方などは携帯電話やスマホやタブレットで済ませて、電話加入権を持っていないことも多く見受けられます。

ですが、企業や会社はそういうわけにはいきません。

そこで、ここからは電話加入権の購入費用を抑えたい方へお得な情報をご紹介いたします。

▼目次

固定電話の加入権とは?

固定電話の加入権とは、NTT東日本・NTT西日本の加入電話回線を契約するための権利のことで「施設設置負担金」ともいいます。

基本的に電話加入権の権利所有者は、工事費を支払うことによって電話の利用の休止をすることができます。

休止の場合は5年ごとに更新の手続きが必要で、

更新手続きを行わなかった場合は、NTT側でさらに5年間の自動延長手続きをしてくれます。

過去の電話加入権(施設設置負担金)はNTTで72,000円(税抜)で売られていましたが、2005年3月1日から電話加入権は値下げされ36,000円(税抜)となっています。

そもそも加入権とは、戦後のNTT(旧日本電信電話公社)が、アナログ回線普及に必要な電柱や電線などの整備資金を調達するために、施設設置負担金を支払った人に対して電話を引く権利(電話に加入する権利)を与えていたものになります。

固定電話の加入費用を抑えるには?

固定電話は加入電話とも呼ばれ、NTTの電話加入権(施設設置負担金)が必要になります。

そこで、値下げされたと言っても電話加入権を購入するには36,000円を支払わなければなりません。

できれば少しでも抑えられないか、あわよくば無料になれば電話の設置費用を格段に抑えることができますよね。

そこで注目していただきたいのが「ひかり電話」と「直収電話」です。

どちらのサービスも、何と電話加入権が不要!

それでは、各々のサービス内容など確認しておきましょう。

ひかり電話

電話加入権が不要で固定電話を新設したい場合、これからは「ひかり電話」を選択するという手もあります。

その特徴は、8つあります。

➀基本料金削減

ひかり電話オフィスタイプの月額基本料金は1,300円です。

3ch・1番号が使え、一般的な加入電話よりもお得です。

➁通話料削減

全国一律3分8円です!

➂グループ通話が400円定額でかけ放題

グループ通話定額は、同一契約者があらかじめグループ登録しておくと、回線同士の通話が固定の金額で何時間でも電話し放題になります。

月額利用料:400円(1chあたり)

➃最大8ch32番号まで利用できる

ご希望の電話通信の環境に合わせて、最大8ch32番号が利用できます。

月額利用料:400円(1chあたり)

➄1契約のみでナンバー・ディスプレイが全chで使える

着信時に、電話をした相手の電話番号がわかるので安心して対応できます。

また、かかってきた電話を転送できる「ボイスワープ」、

特定の電話番号からの着信があった際、自動音声メッセージで自動対応する「迷惑電話おことわりサービス」などのサービスが利用できます。

月額利用料:1,200円(全ch込み)

➅電話番号を変更しなくてOK

電話番号を変える必要はありませんので、いままで通りそのままご利用いただけます。

また、新規に固定電話を設置される場合、これまでのような電話加入権は不要です。

➆一般電話と変わらない音声品質

音声品質へのご不安は必要ありません。

音声パケットを優先して扱いますので、今お使いの電話と変わらない音声品質で通話できます。

➇110番や119番にもかけられる

通常の電話と同じように、110や119などの緊急時の電話もかけることができるので安心です。

◇直収電話 ソフトバンク「おとくライン」

➀固定電話の基本料金がお得になる

ソフトバンクの回線を使うので、毎月かかる基本料金のお支払いがこれまでよりもおトクになります。

➁現在の電話番号はそのまま、新規に「おとくライン」に申し込む場合は電話加入権不要

現在契約しているNTT東日本・NTT西日本の電話番号をそのままご利用いただけます(番号ポータビリティ)。

また、新規に固定電話を設置される場合、これまでのような電話加入権は不要です。

➂複数の支払いを一本化できる

今まで毎月きていた、NTT東日本・NTT西日本からの基本料金のご請求がなくなります。

電話料金のご請求は、基本料金も通話料金もソフトバンクが一括して行いますので、わずらわしい複数のお支払いは必要ありません。

➃基本サービスは今まで通り

110番(警察)・118番(海上保安)・119番(消防)の緊急特番への通話(通話料金は不要)や、発信者番号通知サービスなどの基本サービスは今までどおりご利用いただけます。

このように、どちらとも電話の加入権が不要になることはもちろん、

通話料などの削減にもつながりコスト削減にはもってこいのサービスではないでしょうか。

さらに詳しい情報や弊社でご加入していただける回線プランを様々ご用意しておりますので、回線プランで1度確認して見てはいかがでしょうか。

まとめ

ひと昔前であれば、固定電話を引きたい時は電話の加入権を購入することは当たり前の様なものでしたが、現在では加入権不要で利用できる電話サービスがあります

なおかつ、毎月の使用料も抑えられ、特に安い費用で電話を導入したい時にはひかり電話・直収電話共に嬉しいサービスですよね。
ビジネスフォン各メーカー取り扱い